« 江ノ電の旅(9) | トップページ | 江ノ電の旅(10) »

2006年4月23日 (日)

おだまき

Odamakiaiiro06042200 お義母さんから株分けしてもらった’おだまき’が、今年もきれいな花を咲かせています。特徴のある花の形をしており、見とれてしまいます。これが我が家の庭先に咲き始めると春が来たなあと感じます。
 
おだまき【苧環】:1)つむいだ麻糸を巻いて中空の玉にしたもの。おだま。
2)キンポウゲ科の多年草。観賞用に栽培される。根生葉は長い柄をもち、掌状の三小葉に分かれ、白緑色。四~五月頃、長い花茎の先に青紫色の花を開く。花弁は基部が距(きよ)となってかぎ状に曲がる。萼片は花弁状で平開する。[季]春。(「大辞林」より抜粋)
 
Odamakiaiiro060422up初めてまじめに調べました。大体下向きに咲くので花の中心部はあまり見られません。下から撮ったアップの画像です。




色・形の違いで、いろいろな種類があります。我が家で咲いている別のおだまきです。
Odamakiupaiiro06042201 こちらは上向きに咲く種類のおだまきです。外側の花弁が小さいです。
 
 
 
 
 
Odamakipink06042201 こちらは薄いピンクのおだまき。
 
 
 
 
 
Odamakiwhite20060422 こちらは白のおだまき。これは、園芸店て購入してきたもので、西洋おだまきです。八重咲きで、また違ったかわいさがあります。
 
 
 
Odamakienjitsubomi06042201 こちらは、これから咲くえんじのおだまきです。これが一番多くあります。そして、どこでも成長します。実は、ここには紫のが生えていたのですが、えんじのに占拠されたようです。
 
他にも、白・黄色の大きな花をつけるおだまき、紫の八重のおだまきなどがありますが、白と黄色は絶えてしまったようです。
えんじのおだまきが咲いたら、また紹介します。

|

« 江ノ電の旅(9) | トップページ | 江ノ電の旅(10) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

おはようございます。
初めまして、TBありがとうございました。
和洋様々きれいな色と形のオダマキですね。
7日の記事の紫色のオダマキも良い色合いですね。
今後ともよろしくお願い申し上げます。

投稿: どてかぼちゃ | 2006年5月 7日 (日) 10:10

どてかぼちゃさん、初めまして。コメントありがとうございます。おだまきって変わった形をしている花ですね。桜が終わってこれが咲き始めると、私の活動の時期が来たなと感じます。
こちらこそ、今後もよろしくお願いします。

投稿: テームズ | 2006年5月 7日 (日) 10:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/9724569

この記事へのトラックバック一覧です: おだまき:

« 江ノ電の旅(9) | トップページ | 江ノ電の旅(10) »