« 切符の話 16回目 | トップページ | 切符の話 17回目 »

2006年7月25日 (火)

息子語録

3才になってもなかなかしゃべらなかった息子。どもりとか言葉の発達が遅れるかと心配していましたが、幼稚園に入ると急にしゃべり出して、今やマシンガン攻撃。人の話も聞かずに一方的にしゃべります。そんな息子の語録(というか言葉)

とうもっころし(’とうもろこし’のこと)
セブンブン(’セブンイレブン’のこと)
ミーダホン(なぜか’ボーダフォン’がこうなります)
たまご(auのロゴを見てこう言います)
けしもぐ(’消しゴム’のこと)←←←現在のマイブーム

一文字ずつだと、「け・し・ご・む」って言えるのですが、
じゃ、これは?と聞くと「けしもぐ」になります。(泣

|

« 切符の話 16回目 | トップページ | 切符の話 17回目 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

かわいいですねー!
うちの弟も、昔可愛かった頃は、そういうのよくありましたよ。
うんこをなぜか、うんこん、といってました。
(いきなり下品)
書き文字のほうですが「鬼ごっこ」が「おにっここ」になるのがなおらなかったのが謎です。
言えるのに書けない…。

投稿: 丸の内働きウーマン | 2006年7月25日 (火) 21:55

上の2人も言葉の癖はあったと思ったのですが、女の子はやはり口が達者で、すぐに正しい言葉になりました。
文字についてもあるのですね。それよりも、もっと読める字を書けよ、我が息子!

投稿: テームズ | 2006年7月25日 (火) 22:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/10949904

この記事へのトラックバック一覧です: 息子語録:

« 切符の話 16回目 | トップページ | 切符の話 17回目 »