« リフレッシュ工事で活躍した車両 | トップページ | 新木場車両基地にて »

2006年9月30日 (土)

切符の話 41回目

鉄道フェスティバルでは、関東だけでなく関西の大手私鉄や地方私鉄が出店します。各私鉄の切符や部品、グッズを販売しますが、普段手に入らない物を入手するため多くの鉄道ファンで埋め尽くされます。
最近は混乱を招くため行われなくなってきましたが、廃札(使用済み切符)のつかみ取りということも行われていました。
下の画像は、大井川鉄道のつかみ取りで入手した切符。1回30分500円で、茶封筒を渡され、その封筒につめ放題でした。全て使用済み切符で、確か全駅揃えられたような気がしました。
Ticket04101

 

 

 

 
 
次の画像は、江ノ島電鉄のつかみ取り。こちらは料金変更などで使用できなくなった廃札です。よって、日付が入っておりません。画像下のものは切符の側面に日付が押されています。(何の日付か不明) 
Ticket04102

 

 

 
 
一部鉄道ファンが目の色を変えて漁ったり、不正をしたりするため、このイベントもあまり行われなくなりました。

↓鉄道ブログランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« リフレッシュ工事で活躍した車両 | トップページ | 新木場車両基地にて »

切符・カード」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/12023006

この記事へのトラックバック一覧です: 切符の話 41回目:

« リフレッシュ工事で活躍した車両 | トップページ | 新木場車両基地にて »