« 月館の殺人 | トップページ | 小田急ファミリー鉄道展 »

2006年10月14日 (土)

切符の話 44回目

いきなり、20数年前にタイムトリップです。この時、ピップエレキバンのコマーシャルが大流行。北海道の比布駅ももてはやされました。 
Ticket04401

 

 

 
 
その時入手した切符です。定番の愛国から幸福行きの切符はラミネートされて販売されていました。また、絵入りの切符もありました。 
Ticket04402

 

 

 
 
裏には解説も書かれています。 
Ticket04403

 

 

 

 

さて、2つ目の画像で足寄駅の入場券があります。ごく普通の入場券です。実は、この当時はバイクツーリングがメインで、これらの切符もバイクで立ち寄った際に購入したものです。
なぜ足寄が?足寄と言えば松山千春の生まれ故郷。松山千春の生家の前の空き地には、オンボロバスがあって、そこで一夜を明かしました。そこで泊まれることを教えてくれたのが、足寄駅にいた女子高生達でした。入場券購入と泊まったことは何の関係もありませんが、足寄にはそんな思い出がありました。

↓鉄道ブログランキング
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 月館の殺人 | トップページ | 小田急ファミリー鉄道展 »

切符・カード」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/12112092

この記事へのトラックバック一覧です: 切符の話 44回目:

« 月館の殺人 | トップページ | 小田急ファミリー鉄道展 »