« 【動画】EH500コンテナ貨物列車 | トップページ | 地下鉄開通80周年記念イベント開催の記事 »

2007年9月13日 (木)

東武博物館~前編

9月8日、切手の博物館から、都電-JR-東武と乗り継いで東向島の東武博物館に来ました。
Tobumuseum01_2 Tobumuseum02

まず入ると目に入ったのが、デハ1形5号電車と、100形スペーシアの1/20模型。やはり、電車は間近で見ると大きいです。
Tobumuseum03a Tobumuseum03b

つい最近まで貨物輸送に活躍していたED50電気機関車と、独特の形をしたキャブオーバーバス。 
Tobumuseum04a Tobumuseum04b

ロマンスカー5700系のカットモデル。 
Tobumuseum05

巨大なジオラマ。もちろん走っているのは東武の電車です。 
Tobumuseum06

更に館内を奥に進むと、ウォッチングプロムナードというところがあります。そこには、ロングレールと伸縮継目の説明があります。 
Tobumuseum09a

説明看板の上はアクリル窓になっており、目線が線路と同じ高さになるようになっています。ちょうど電車が入ってきました。足回りはこんな感じで見えます。 
Tobumuseum09b Tobumuseum09c

その奥に資料室があって、最近は見かけなくなってきたダッチングマシーン(日付押印機)が、中の構造がわかるように展示されていました。右の電話はジオラマの上の部屋にあるもので、右のレバーを回して相手を呼び出します。(実際に回すことができます) 
Tobumuseum10 Tobumuseum11

そして、記念カードや切符も展示されていました。 
Tobumuseum12

(続く)

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 【動画】EH500コンテナ貨物列車 | トップページ | 地下鉄開通80周年記念イベント開催の記事 »

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/16390280

この記事へのトラックバック一覧です: 東武博物館~前編:

« 【動画】EH500コンテナ貨物列車 | トップページ | 地下鉄開通80周年記念イベント開催の記事 »