« ラーメン缶ガチャ | トップページ | 3回目 »

2007年11月18日 (日)

ブルートレイン廃止の記事

今朝の朝日新聞朝刊の1面に衝撃的な記事が載っていました。

「消えゆく東京駅発ブルトレ」

ここ最近の利用客の減少、それに伴うブルートレインの削減、それを見ていると、現存する列車も時間の問題だとは思っていましたが、とうとう廃止時期が発表になりました。
2008年3月のダイヤ改正で、京都発着の「なは」「あかつき」、東京-大阪間の「銀河」が廃止、「日本海」「北斗星」も1往復に減便されます。(正式には、12月に発表)
2009年の春ダイヤ改正では、東京発着の「富士」「はやぶさ」も廃止される予定です。
これで、九州方面のブルートレインは全廃となります。

’動くホテル’として活躍したブルートレインも、新幹線網の発達、旅客機網の発達、高速バスの台頭により、役目を終えたというところでしょうか。車両も老朽化・陳腐化してきて、改造・新造した列車を除き、敬遠されるようになってきました。今や、寝台列車の旅は、時間とお金に余裕のある贅沢な旅となりましたね。

2009年には、東京駅からあの青い車体が見られなくなります。

(この記事からトラックバックしました)
においの事件簿 さん
痛勤形酷電どっと混む!ブログ版 さん

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« ラーメン缶ガチャ | トップページ | 3回目 »

ニュース」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

おなじ東日本エリアですが、東北滞在中にこのブログ見て新聞を求めて駅へ行ってみましたが、こちらの一面おろか中のほうにも記事はありませんでした。この件ショックですね。たまに乗れる寝台列車は楽しみのひとつですが、「いつもある」ことで安心していますが、利用者は確かに右下がりのようで。北斗星でも車体新造した個室でももう20年近くなっています。近年の新製(カシオペア、サンライズ)の試みも歯止めにならなかったようです。中国のような寝台バスや例があるかどうか個室は法的に縛りがあるのでしょうか。

投稿: つばめ92号 | 2007年11月19日 (月) 14:02

交通網の発達、ホテルも格安ホテルが増えてきた今、寝台料金を払ってまで、寝付けない揺れるベッドで移動というのは敬遠されるのでしょうね。カシオペアやトワイライトエクスプレスを除けば、あけぼのやサンライズには、ごろんとシートがあり、安く利用できるので盛況です。この形で攻めていれば利用率も上がったのではないかと思います。ただ、利益は薄くなりますが。

投稿: テームズ | 2007年11月19日 (月) 20:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/17105372

この記事へのトラックバック一覧です: ブルートレイン廃止の記事:

» 地に還す [においの事件簿]
 木枯らしが吹いたようで、一気に冬が見えて参りました。昨日は自分の部屋も片付けて、こっちにも電気ストーブを設置。寝室でまだ出っぱなしだった除湿器を空気清浄機と交代させました。ホコリはインフルエンザの元ですからね。  これでコタツでも出せば完璧なのですが...... [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 08:20

» ブルトレ壊滅か?! [痛勤形酷電どっと混む!ブログ版]
 今日付けの「朝日新聞」に、衝撃的な記事が掲載されました。  タイトルは「消えゆ [続きを読む]

受信: 2007年11月19日 (月) 10:24

« ラーメン缶ガチャ | トップページ | 3回目 »