« 2月2日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 雪の中を走る高崎線電車 »

2008年2月 3日 (日)

出番を待つ夢空間車両

終焉間近の夢空間車両。昨年から、団体臨時列車として頻繁に稼動しています。
2月2日も夜からの団臨のために、尾久で準備をしています。
Yumekukan08020200

1号車は豪華なダイニングカー、オシ25 901。大きな窓で展望を楽しみながらの食事ができます。勿論、料理もフルコース。でも、駅で停車した時にジロジロ見られて恥ずかしいかも。 
Yumekukan08020201_2 Yumekukan08020202_3
恥ずかしながら、これにワイパーが付いているのを今日初めて知りました。

2号車はピアノやバーを装備したラウンジカー、オハフ25 901。「CRYSTAL ROUNGE SUPREMO」(クリスタル・ラウンジ スプレモ)と記されています。 
Yumekukan08020203 Yumekukan08020204

3号車はデラックススリーパー、オロネ25 901。ツイン個室が3室、定員6名の寝台車です。サボには「夢空間」の表示が。まさに、’夢空間’の旅なのでしょうね。 
Yumekukan08020205 Yumekukan08020206

4号車から10号車まで、開放2段式B寝台が並びます。(差がありすぎる!)
最後尾は、電源車カニ25 507が連結されていました。 
Yumekukan08020207

引退後はどうなるのでしょうか。
鉄道博物館に来るのでしょうか。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 2月2日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 雪の中を走る高崎線電車 »

鉄道」カテゴリの記事

コメント

 こんばんは。昨日、秩父鉄道の乗り歩きを終えて大宮駅に到着したら、上野寄りからEF65に牽引された夢空間がやってきました。まさかここで出会うとは思いもよらなかったので慌ててカメラを構えたものの、あまりよく撮ることができませんでした。

 残念ながら、夢空間は一度も乗らずじまいになりそうです。一度くらいはこれで一晩を過ごしたかったですね。

投稿: mattoh | 2008年2月 3日 (日) 22:31

mattohさん、こんばんは。
私も乗らずじまいで終わりそうです。あれだけの設備ですから、セカンドライフじゃないですけど、活用方法がありそうな気がします。一般の人・企業では維持にコストがかかりすぎてダメかもしれませんが、鉄道博物館なら、保存という意味でも適しているかと思います。

投稿: テームズ | 2008年2月 3日 (日) 22:45

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/17931894

この記事へのトラックバック一覧です: 出番を待つ夢空間車両:

« 2月2日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 雪の中を走る高崎線電車 »