« 東京駅丸の内北口にある遺構 | トップページ | 秩父鉄道リバイバルカラー4編成目登場 »

2008年3月27日 (木)

宇都宮・高崎・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着手のニュース

3月26日、宇都宮線・高崎線・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着工についてJR東日本の公式ページで発表になりました。

JR東日本のニュースリリース

はるか昔に、東京駅を発着していた日光行きの列車があったそうですが、ターミナルは上野と東京に分断され、上野と東京を結ぶ在来線は京浜東北線と山手線しかありません。引上げ線は上野側が秋葉原まで、東京側が神田の手前まで伸びています。これを結べば東京直通は可能でしたが、神田駅のあの狭いところに新幹線が先に建設されたので、これで直通は無理かと思っていました。

ところが、その新幹線の上に高架線を作って東京駅まで建設することになりました。上野-東京間が結ばれたら、運用はどうなるのでしょうか。総武・横須賀線のように東京をスルーする運用になるのでしょうね。便利になるに違いないとは思いますが、どの列車に乗れば目的地に着けるのが十分確認しないと、とんでもないところに行きそうです。
私としては、帰りの列車でゆっくり座っていく機会が減らされてしまうのだと、少々がっかりです。

完成は5年後の2013年度の予定。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 東京駅丸の内北口にある遺構 | トップページ | 秩父鉄道リバイバルカラー4編成目登場 »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/40657266

この記事へのトラックバック一覧です: 宇都宮・高崎・常磐線の東京駅乗り入れ工事の着手のニュース:

» 東北縦貫線の工事概要発表 [秋南高速特急きっぷうりば]
以前から計画だけはありました「東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線の東京駅乗り入れ」についての概要がJR東日本のサイトで発表されました。 元々東京〜上野間は東北本線なのですが、東北本線(宇都宮線)・高崎線・常磐線の在来線列車は一切走らず、山手線と京浜東北....... [続きを読む]

受信: 2008年3月28日 (金) 00:06

« 東京駅丸の内北口にある遺構 | トップページ | 秩父鉄道リバイバルカラー4編成目登場 »