« 4月13日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 和銅奉献1300年記念ウォーク号 »

2008年4月14日 (月)

切符の話 82回目

リバイバルカラー3色揃い踏みする駅である秩父鉄道黒谷駅が、2008年4月1日から和銅黒谷駅に改称された記念の乗車券です。 
Wadokuroyaticket01_2

フタを開けると、和銅黒谷-熊谷間、和銅黒谷-大野原間の乗車券(11月30日まで有効)と和銅開珎を模したコインが入っています。 
Wadokuroyaticket02

コインだけ抜き出してアップで。裏には、駅名改称記念乗車券となっています。 
Wadokuroyaticket03a Wadokuroyaticket03b

西暦708年、この地で採掘された自然銅が朝廷に献上されました(和銅奉献)。和銅奉献1300年の今年、それを記念して、黒谷駅も和銅黒谷駅に改称されました。駅舎も昭和初期風に改装され、ホームには大きなモニュメントが飾られました。
和銅奉献、和銅遺跡については、こちらをご参照下さい。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道コレクションへ

|

« 4月13日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 和銅奉献1300年記念ウォーク号 »

切符・カード」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/40806130

この記事へのトラックバック一覧です: 切符の話 82回目:

« 4月13日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 和銅奉献1300年記念ウォーク号 »