« 出勤前 | トップページ | 新幹線スタンプラリー第4回(最終回)景品が届きました »

2008年5月22日 (木)

JR東海博物館(仮称)建設のニュース

5月20日のJR東海定例社長会見で、JR東海博物館(仮称)の建設について発表されました。

昨年4月、名古屋市から当社に対して、金城ふ頭における「モノづくり文化交流拠点構想」への正式な参画要請があり、検討を進めてきました。その結果、今回この構想に参画し、当社として「JR東海博物館」(仮称)を作ることとしました。(以上、ニュースリリースより)

名古屋から延びるあおなみ線の終点金城ふ頭駅から歩いて2分のところに建設されるそうです。

博物館のコンセプトとしては、
一つ目は、在来線から高速鉄道に進化した過程に触れ、当社の特色である高速鉄道としての東海道新幹線の車両や鉄道技術を中心に展示を行います。さらに、次世代のリニア車両も展示し、高速鉄道の過去・現在・未来を紹介する予定です。
二つ目は、鉄道が経済や文化、生活の面で社会に与えた影響を学ぶことができる場を提供したいと考えています。
最後に、模型やシミュレーターなどを活用しながら子供が楽しく学べたり、鉄道技術を含めた鉄道への理解を深められるよう考えています。
(以上、ニュースリリースより)

工事費約55億円、延べ床面積は1.4万㎡でナゴヤドームのフィールドとほぼ同じ広さの2階建ての博物館が、3年後の平成23年春開業します。

展示車両は35程度となり、鉄道技術の紹介、シミュレーター、ジオラマ、シアターなどの施設を備えます。
う~ん、大宮にオープンした鉄道博物館と似てますね~。どんな違いが見られるでしょうか。楽しみです。happy01
あおなみ線も混雑するようになるのでしょうか。

JR東海定例社長会見のニュースリリース
JR東海博物館(仮称)の建設について

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 出勤前 | トップページ | 新幹線スタンプラリー第4回(最終回)景品が届きました »

ニュース」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

遅コメすみませんです。m(__)m
実はこの鉄道博物館すっごい楽しみにしてるんですよ。
完成したらぜひ行ってみたいですが、最初のうちは混み合うんだろうな・・・
あおなみ線といえば一度1区間だけ乗ったことがありますが、乗り場がJR新幹線口からさらに離れたところにあるんで、名駅まで地下鉄でいく自分としてはとても使いづらかった記憶があります。
そういえば先日ケーブルTVのローカル番組で、「あおなみ線の運転席(?)から見た風景」みたいなものをやってました。

投稿: nano | 2008年5月31日 (土) 22:26

nanoさん、こんばんは。
私も楽しみにしてます。鉄道博物館と同じように混むのでしょうね。JR東海としては混んでもらわないと困ると思いますが。
あおなみ線、私は愛・地球博が開催されていた2005年7月に乗車しました。確かに、名古屋駅の一番はずれにあるので、不便だった印象があります。そして、金城ふ頭駅の周囲がだだっ広いことも。
前面展望、いいですね。私は、パノラマカーの前面展望ビデオを持っています。

投稿: テームズ | 2008年5月31日 (土) 22:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/41287161

この記事へのトラックバック一覧です: JR東海博物館(仮称)建設のニュース:

« 出勤前 | トップページ | 新幹線スタンプラリー第4回(最終回)景品が届きました »