« 鉄道博物館開館1周年記念イベント(2)~10月25日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 「四季彩」鉄道博物館脇の試運転線を走る »

2008年10月26日 (日)

御料車を近くから見よう!~鉄道記念物7号、9号、10号、12号御料車庫見学会~

鉄道博物館開館1周年記念イベント、御料車見学。10月14日は外から眺めていましたが、やっぱり実際に説明を受けながら見てみたいと思い、10月25日朝早くから並んで見ることにしました。
これは、見学後に配布された配置図。A4サイズ両面コピーです。展示室前に掲示されている配置図と同じです。
081025teppakugoryosha01a 081025teppakugoryosha01b

※人が映っている画像がありますが、心霊写真ではありません。見学者・案内人の方が映っているものです。

まずは、C51に近い7号御料車。SLに牽引されているのをイメージして御料車は配置されているそうです。
当時としてはとても豪華だったと思われる車内(御座所)。座席の向こう側は通路になっています。0系新幹線の食堂車をイメージしてしまいました。
081025teppakugoryosha02

右手側、ドアが開いていますが、ここが通路の入口になっています。
081025teppakugoryosha03

天井の造りも凝っています。
081025teppakugoryosha04

次は9号御料車。ここは、調理室があることが特長です。いわゆる食堂車ですね。画像の屋根についている横長の筒は煙突です。
081025teppakugoryosha05

これは料理室の流し。料理は石炭を使って行われていたそうです。
081025teppakugoryosha06

こちらが食堂。奥に大きな鏡も付いています。
081025teppakugoryosha07

2匹の鷹の刺繍。刺繍ですよ!豪華です。
081025teppakugoryosha08

次は、12号御料車。今までの2両に比べ車両が一回り大きくなりました。そして、装飾は簡略化されてきています。
081025teppakugoryosha09

壁など曲線ですが、1枚の板でできているそうです。また、重々しい置物が置かれています。
081025teppakugoryosha10

最後に10号御料車。
日本の車両なのに「MEN」と書かれています。終戦後、進駐軍に接収されて英語表記になったそうです。
081025teppakugoryosha11

展望室。きらびやかに鶴が舞っています。
081025teppakugoryosha12

「露台」と呼ばれた展望台です。
081025teppakugoryosha14

間近で見ながら解説を受けると良く理解できました。鉄道知識レベルかまたアップしたような気がします。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 鉄道博物館開館1周年記念イベント(2)~10月25日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 「四季彩」鉄道博物館脇の試運転線を走る »

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道イベント」カテゴリの記事

コメント

初めてコメントします。

私も10/25日の御料車公開には参加しています。
10時30分からの参加でしたが、もしかするとニアミスをしているかもしれないですね。
四季彩も撮影しており、撮影された時間からして、実に鉄道の階段上から私も撮影しておりました。

またちょくちょく拝見させていただいております。

投稿: 横山 正典 | 2008年10月26日 (日) 22:57

横山 正典さま、初めまして。ご覧頂きありがとうございます。
完全にニアミスしてますね。coldsweats01
私は緑のウインドブレーカーを着ていたので目に付いたかもしれません。
四季彩は主にミニシャトル沿線で撮っていました。その記事は明日アップします。

投稿: テームズ | 2008年10月26日 (日) 23:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/42906481

この記事へのトラックバック一覧です: 御料車を近くから見よう!~鉄道記念物7号、9号、10号、12号御料車庫見学会~:

« 鉄道博物館開館1周年記念イベント(2)~10月25日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 「四季彩」鉄道博物館脇の試運転線を走る »