« 鉄道博物館入館者数200万人突破のお知らせ | トップページ | 今日はお召し列車が走ったようで »

2008年11月12日 (水)

幻に終わるのか!鉄道博物館の’バーン’なお菓子Part3

鉄道博物館で2008年8月17日から発売された東北地方版券売機型ずんだパイ。しかし、あっという間に売り切れ。その後は入荷されてません。また、再販も未定だそうです。(東北地方では販売しているようです)
ということで、私は入手できず。crying

箱はよっこ*さんから頂きました。ありがとうございました。happy01

Teppakenbaikizundapai01b_2
Teppakenbaikizundapai01_2Teppakenbaikizundapai03_4

側面の切符は東北地方主要駅の切符です。 

 
もう一方の側面は簡単な路線図と、200系、455系が描かれています。
Teppakenbaikizundapai02

これで5箱揃いました。では、やってみましょうか。

 

upバーンup
Teppakenbaikipai3shu01

5箱じゃ迫力ありませ~ん。downdowndown

14箱までの道程は長い~。sad

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ

|

« 鉄道博物館入館者数200万人突破のお知らせ | トップページ | 今日はお召し列車が走ったようで »

博物館」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

食玩」カテゴリの記事

コメント

テームズさんはじめまして!
14箱の道も1箱から。陰ながら応援していますhappy01
それにしてもずんだパイ、どんなお味なのでしょう?

投稿: こまち | 2008年11月12日 (水) 11:57

こまちさん、初めまして。
応援ありがとうございます。って、やっぱり14箱集めなければならないのでしょうか。wobbly
一度実際に駅の券売機の前に並べてみたい衝動に駆られています。
ずんだパイ、どんな味なのでしょうね。東北まで行って買ってくるしかないかな。また、鉄道博物館で販売してくれればいいのですが。coldsweats01

投稿: テームズ | 2008年11月12日 (水) 20:02

知らぬ間に限定バージョンが登場していたとは。
ずんだパイ食べてみたかったなー。
次はどんなのを仕掛けてくるんでしょうね。信越とか?

投稿: みほちん | 2008年11月13日 (木) 09:58

盛岡へ秋に何往復かしましたが、気付きませんでした。限定ものはチェックしてましたが。

投稿: つばめ92号 | 2008年11月13日 (木) 15:38

>みほちんさん
鉄道博物館で見ることができたのはわずかな期間で、私は実際に売られているのを見たことがありません。
次は・・・四角いボタンの自動券売機とか、切符の裏が茶色の時の自販機とか・・・どこの地方と絡めましょうか。

投稿: テームズ | 2008年11月13日 (木) 21:42

>つばめ92号さん
私も9月に出張で岩手に行った時には見かけませんでした。10月辺りから出だしたのでしょうか。販売も仙台辺りだけなのでしょうか。気になります。

投稿: テームズ | 2008年11月13日 (木) 21:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/43057087

この記事へのトラックバック一覧です: 幻に終わるのか!鉄道博物館の’バーン’なお菓子Part3:

« 鉄道博物館入館者数200万人突破のお知らせ | トップページ | 今日はお召し列車が走ったようで »