« SL春さきどり号 追っかけ撮影 | トップページ | 【動画】SL春さきどり号 »

2009年2月16日 (月)

腕の痺れ

今年に入って、両腕共肘から先が痺れる状態が続いていました。despair

「何でだろう。寒いから痺れているのかな。暖かくなれば治るだろう。」

と思っていました。しかし、痺れは毎日続き治まりません。

今日は腕の痺れの他に吐き気もしたので、午後からお休みを頂いてhospital医者に行ってきました。

当初、整形外科に行こうと思っていたのですが、「ここの接骨院がいいよ」と妻が近所の奥さんから聞いてきたので、そちらに行くことにしました。「神経系の問題だったら接骨院じゃ無理だろう。」と疑心暗鬼になりながらも。gawk

で、診察の結果は「首に負担がかかり過ぎ」

仕事でも自宅でもパソコンに向かっている私は、肘を開いて前屈み(前傾姿勢)になって入力しています。そうすると、頭を支えるために首に力が入るので首・肩が凝ってしまうとのことでした。そして、背骨が真っ直ぐすぎるというか、前に突き出しているとのこと。こうなると、頭を背骨を通して腰で支えることができなくなり、結果負担がかかって疲労してしまうそうです。こうして、血行が悪くなって腕が痺れる状態になったのでしょう。

昔から凝り性だと思っていたのは、このためだったのですね。

診察台で仰向けで寝かされました。当然のことながらお尻と胸の部分は先生の手が入らないのですが、お腹の部分は背中に手が入りました。普通は重力に従い床に付くので手が入らないということ。

また、横向きで丸くなってみなさいと言われたのでやってみました。先生が長い固めのクッションを当てると、ピタッと当たりました。丸くなっているので基本的には1点しか当たらないのですが、私の場合は線で当たってしまいました。(おかげで、お腹が突き出している)

それだけ、背筋が棒のようになっていたということです。

背筋を伸ばしてピッとすることが正しいと思っていたのですが、それは作法であって、自然ではなく無理をしているとのこと。

治療の方ですが、首も肩もガチガチだったようで、電気治療と針治療とマッサージを施されて、多少楽になりました。

パソコン向かう時は、
・脇を締める(→締めることによって前屈みにならないから)
・頭を前に出さない(→頭が垂れると首で支えなければならないから)
ことに気をつけるようにします。

そして、肩を動かす。毎日、腕立てをやる。(最初は1日3回でいいとのこと。それ以上やると疲れるので。徐々に増やしていけばいいらしい。)

更に、体を動かす。今まで以上に毎週出かけますよ、撮り鉄・乗り鉄に!(違うかcoldsweats01

↓ランキング参加中!クリックお願いします<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ

|

« SL春さきどり号 追っかけ撮影 | トップページ | 【動画】SL春さきどり号 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
私は建築設計の仕事をしている者なのですが、
今設計している物件で平面の形が機関庫の形に似ており、
機関庫の画像を貼り付けたいと思い、ネットで検索していたところコチラのサイトにたどり着きました。
イメージに合った画像がありそうなのでもし宜しければお力貸していただきたいのですが、いかがでしょうか?
もし話聞いていただけるのであればメールアドレス宛にご連絡いただけないでしょうか?よろしくお願いします。

投稿: hama | 2009年2月16日 (月) 19:49

hamaさん
初めまして。
先程メールいたしました。
よろしくお願いします。

投稿: テームズ | 2009年2月16日 (月) 20:06

大丈夫ですか
無理しないで下さいねhappy01

投稿: フトピー | 2009年2月16日 (月) 22:45

フトピーさん、ご心配ありがとうございます。
徐々に治していきます。

投稿: テームズ | 2009年2月16日 (月) 23:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/44082755

この記事へのトラックバック一覧です: 腕の痺れ:

« SL春さきどり号 追っかけ撮影 | トップページ | 【動画】SL春さきどり号 »