« 車輪とレールの接点 | トップページ | レトロ横濱回送 »

2009年6月26日 (金)

3つの気付き

長いこと「これが原因」と思っていたことが、実は違っていたという気付きが最近3つもありました。

---------------------------------------------------------

1つめ
最近、週明けに背中が痛みますdespair
3月から休みになるとリュックを背負って必ず出かけています。特に、ゴールデンウイークの時は、芝桜見に行ったり、1日中駅スタンプを押しまくったり、プラレール博に行った後川越の街を歩いたり。ゴールデンウィーク後半は、背中が痛くてしょうがなかったです。
なので、歩き過ぎて背筋痛になったのだと思っていました。

ところが、最近気付いたのは、リュックを背負った時にやたらゴツゴツすることがあること。中を開けてみると、カメラのレンズが背中の方に向いて入っていました。安物のリュックなので、生地は非常に非常に薄く、当然背中側にクッションはありません。

「原因はこれか!」flair

そう、歩く度にリュックが揺れて、レンズが背中を強打していたのです。よくよく調べてみると、背中の1点だけが痛んでました。

背筋痛ではなく、打撲です。sad

--------------------------------------------------------

2つめ
もう10年以上右手の親指の付け根が痛んでいますbearing
特に、冬などは痛みが腕まで来ることがあります。酷い時は指に力が入らず、字を書くのも辛い時があります。
娘がまだ小さかった頃、親指につかまらせて、鉄棒の逆上がりのような感じででんぐり返しをよくやってました。その時に指を痛めたのだろうとずっーと思ってました。10年以上も。

で、先日の都電イベントの翌日、痛みが激しくなりました。
カメラをじっと構えたり、縦位置で構えることが多い日の翌日に痛みが増していることがわかりました。

「ひょっとしたら、原因はこれか?」flair

一眼レフを構える時に右手親指に負担をかけた持ち方をしていて、それで腱鞘炎状態になっているようです。
この痛みは子供とのいい思い出(子供を恨むつもりは全くありません)だと(くどいようですが)10年以上も思っていましたが、実はお父さんの道楽の代償だということがわかりました。sad

--------------------------------------------------------

3つめ
昨年から文字が見えにくくなってきました
仕事でもパソコンとにらめっこだし、ブログを始めて家でもパソコンの前に座っていることが多くなったから、とうとう視力が低下してきたのかとショックを受けました。親も近視ではなく、視力だけは自身があったのですが、時刻表の文字がぼやけて見えてしまいます。

春の健康診断。視力検査の結果は、両眼1.5coldsweats02良く見えてます。

妻がメガネを買ってきてくれました(100円ショップで)
それをかけると、時刻表の文字が良く見えること見えること。
メガネをかけたまま顔を上げてパソコンや遠くのカレンダーを見ると、ぼやけてしまいます。

「そういうこと!」flair

どうやら遠視のようです(敢えて○眼とは言いません)
妻の買ってきたメガネは、いわゆる○眼鏡でした。sad

--------------------------------------------------------

原因がハッキリして、スッキリしたというか、ショックを受けたというか・・・。
こんな経験、皆さんもお持ちではないでしょうか。smile

明日も、背中に青あざ作りながら、親指を酷使しに行きます。happy01
そうそう、文字の大きな時刻表持って。(っていうのはウソbleah

traintraintraintraintraintraintrain 

↓こんな経験をお持ちの方はクリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 車輪とレールの接点 | トップページ | レトロ横濱回送 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/45381283

この記事へのトラックバック一覧です: 3つの気付き:

« 車輪とレールの接点 | トップページ | レトロ横濱回送 »