« 09夏の青春18きっぷの旅 第4弾(6) 絶景の只見線 会津宮下→七日町 | トップページ | 今日もチョコっと »

2009年9月16日 (水)

09夏の青春18きっぷの旅 第4弾(7) 七日町駅カフェ

09年8月29日の青春18きっぷの旅第4弾、その7です。

長かったけど絶景と乗り鉄の楽しさを与えてくれた只見線の旅もあと1駅で終わりです。私は、終点まで行かず、七日町で降りました。七日町は’なぬかまち’って読むのですね。
0908290701

なぜ、ここで降りたかというと・・・smile

第2弾で会津観光をした時に目に留まった「駅カフェ」に寄りたかったから。次の機会には寄ってみたいと思っていたのですが、次の機会が半月後に訪れるとは思いませんでした。これも、小出駅始発列車に乗れたおかげです。20分後に会津鉄道の列車があります。次の行程があるので、許される時間はたった20分です。
同じように降りてこの「駅カフェ」に寄った方が他に1名いらっしゃいました。
0908290702

「駅カフェ」は会津17市町村のアンテナショップです。地酒の仕込み水で入れた水出しコーヒー、地場産フルーツジュースなどが楽しめる喫茶や、名産品物販スペース、企画展ギャラリー、観光インフォメーションコーナー、物販コーナーなど会津の情報発信地です。「駅カフェ」について詳しくはこちらをご参照下さい。
0908290703_3

会津の名産・名品が数多く並べられ、あれこれ目移りしました。時間が無くてゆっくり見ている余裕はなく、結局何も買わずじまい。残念です。weep
今回訪れた1番の目的は、↓このコーヒーを飲むため。この時間だけは確保!
なので、お土産を選ぶ時間がありませんでした。(←言い訳coldsweats01

名水水出しコーヒー
野口英世ゆかりのペルーの豆を自家焙煎。会津の名水でウォータードリップしています。香り高く、雑味のない、まろやかな味わいです。
駅カフェですし、コーヒー好きの私としては、これだけは飲んでおきたいと思って来たわけです。酸味はなく、ちょっと苦味が強いコーヒー。確かに雑味はありませんでした。サーッと口の中を通り過ぎるあっさり感の中に、ドーンと来るコーヒーの苦味を感じました。
0908290703b
その他にも、紅茶・ジュース・地ビール・ワインなどもあり、お菓子などとのセットメニューもあります。メニューはこちらから。

コーヒーを飲み終えた後は、駅舎を撮影しに外へ。入口から入って左側が「駅カフェ」になります。真っ直ぐ進むとホームへ。無人駅なので、自動券売機(小型1台)で切符を買います。有人駅だったら入場券でもと思ったのですが。
会津若松観光の記事の時にとても狭いロータリーと書きましたが、これがそのロータリー。これでわかっていただけますでしょうか。ここを中型バスが切り返し無しでギリギリに回っていきます。ハンドル捌きは絶妙。バックミラーが柱と柱の間に入り込みながら進みます。
0908290704

ハイカラさん号あかべぇ号のバス停。鶴ヶ城への行きはハイカラさん号、帰りはあかべぇ号に乗りました。
0908290705

20分は短い。そろそろ七日町駅を後にします。
0908290706

会津鉄道の会津若松行きは、この車両が来ました。同じく七日町で降りた方も、この列車に乗りました。
0908290707

1駅乗っただけで終点会津若松です。
0908290708

この車両は新千円札発行記念のラッピング車両で、野口英世とその母シカが描かれてます。
0908290709a 0908290709b

今回は会津若松観光はなし。すぐ郡山行きの快速に乗り換えて、第2の目的となる郡山に向かいました。

(続く)

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

|

« 09夏の青春18きっぷの旅 第4弾(6) 絶景の只見線 会津宮下→七日町 | トップページ | 今日もチョコっと »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/46130226

この記事へのトラックバック一覧です: 09夏の青春18きっぷの旅 第4弾(7) 七日町駅カフェ:

« 09夏の青春18きっぷの旅 第4弾(6) 絶景の只見線 会津宮下→七日町 | トップページ | 今日もチョコっと »