« 巻き添え喰らいまくりの日 | トップページ | スカイブルー »

2009年10月27日 (火)

鉄道博物館で気になっている車両

鉄道博物館、ノースウイング先に展示されているキハ11。鉄道博物館で唯一動態保存されている車両です。しかし、実際に動いた姿を見たことはなく、たまにエンジンをかけているだけのようです。開館1周年の時は、キハ11形式気動車運転台でのエンジン回転操作とブレーキ操作の体験というイベントがあり、一般来場者にもその操作ができました。
動態保存とは動かすことが可能な状態で保存することであるので、定期的に動かしていなければならないわけではありませんが、機械という物はたまに動かしてやらないと錆び付きますからね。
屋根はあるものの風雨に晒されているキハ11ですが、いつ見てもピカピカに磨かれていました。
091014teppaku01

ところが、先日行った時、なにか白いものが付いているなと思って近づいてみると、前面がこのような状態。鉄道博物館側の側面は屋根に保護されていてそうでもないのですが、高崎線から見ると、結構白っぽく見えてしまいます。
091014teppaku02

新しいフロアガイドでは、他の展示車両は写真入りで紹介されるようになりましたが、キハ11に関しては、以前と同様動態保存庫としか表示されていません。

唯一の動態保存車両ですので、もう少し手をかけてあげて欲しいと思いました。

※これは、2009年10月14日の画像で、それ以降は確認しておりません。その後、きれいになっているかもしれません。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 巻き添え喰らいまくりの日 | トップページ | スカイブルー »

博物館」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/46580000

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館で気になっている車両:

« 巻き添え喰らいまくりの日 | トップページ | スカイブルー »