« 10年1月31日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 神田-東京間の高架化状況 »

2010年2月 1日 (月)

浜松町の小便小僧~2010年2月

2010年2月の小便小僧。
今回は後姿から。

黒にピンクの出で立ち。バレンタインデーがあるから?
国旗が2本立ててありますね。日本とカナダの国旗。
冬季オリンピックが、2月12日からカナダのバンクーバーで行われます。
まだ、足元に門松がありますねぇ。happy02
100131hamamatuchoukozo00

正面に回ると・・・

金メダルをぶら下げてました。
100131hamamatuchoukozo01_2

この金メダル、eyeよ~く見ると、オーストリア造幣局のウイーン金貨です。
100131hamamatuchoukozo02a_2 100131hamamatuchoukozo02b_2

昨年、ウイーン金貨発売20周年を迎え、20オンス金貨が発売されました。ヨーロッパ・北米・日本で各2009枚、合計6027枚発売。直径約73mm、厚さ約8.3mm、1枚の重さが622.07g。
金額にすると・・・。とても手が出ません。wobbly

カナダだから、メイプルリーフ金貨かと思ったのですが・・・

この時間が一番人が多かったかな。鉄な人以外に家族連れも来てましたから。
それにしても、今日は入れ替わり立ち代わり撮影者がいましたね。
100131hamamatuchoukozo03_2

こちらは南口改札外にある小便小僧のシルエットの壁画。浜松町駅100周年を記念して取り付けられたものです。
100131hamamatuchoukozo04_4

横に小便小僧ヒストリーが掲示されてます。
1952年に国鉄嘱託歯科医の小林光氏が鉄道開通80周年を記念して陶器製の小便小僧を寄贈したのが始まり。1955年、山手線・京浜東北線分離運転に伴う新ホーム開設の時に、ブロンズ製の小便小僧が寄贈され、現在に至ってます。
100131hamamatuchoukozo05_2

小便小僧も、もう55歳か・・・confident

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 10年1月31日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 神田-東京間の高架化状況 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

金貨情報にちょっとニヤニヤ。

衣装はなんかフィギュアの選手の衣装みたいにも
見えますね~。

投稿: せたまる | 2010年2月 2日 (火) 09:21

>せたまるさん
金貨情報、ニヤッとしましたか。

>衣装はなんかフィギュアの選手の衣装みたいにも
見えますね~。
そっかー。言われてみればそうですね。やっぱり、オリンピックの選手になっているのかぁ。

投稿: テームズ | 2010年2月 2日 (火) 23:44

こんばんはmoon1

トラックバックしましたので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m
フィギュアの衣装だったのですね。
派手なジャージと思った私ってcoldsweats01
3日ですと、もう門松は片づけられたようでした。

投稿: しーちゃん | 2010年2月 5日 (金) 19:12

>しーちゃんさん
こんばんは。
トラックバックありがとうございました。
派手なジャージに見えなくもないですね。
フィギュアの衣装って、派手ですから。

門松片付けられてましたか。旧正月終わるまで飾っておくのかと思いました。

投稿: テームズ | 2010年2月 5日 (金) 22:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/47444627

この記事へのトラックバック一覧です: 浜松町の小便小僧~2010年2月:

» バンクーバー仕様。 [しろうと鉄子]
こんばんは、しーちゃんです。 ご訪問ありがとうございます お仕事の打ち合わせのときは、せっかくなので都区内・りんかいフリーきっぷを利用します 一昨日のおでかけも、もちろん購入。 いろいろ寄り道をしましたが、恒例の“あの子”と会うのも忘れません。 小便小僧  約2ヶ月ぶりの対面 (前回12月の記事は→コチラをどうぞ) タイトルを『バンクーバー仕様』にしたけれど、よかったのかしら? 日本とカナダの国旗がありますから、違ってはいないと? カナダの国旗を見ると、はメープルシロップを真っ先... [続きを読む]

受信: 2010年2月 5日 (金) 18:54

« 10年1月31日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 神田-東京間の高架化状況 »