« 10年春の青春18きっぷの旅 第1弾(1) ムーンライト信州81号 | トップページ | 10年3月11日の鉄(活)動日誌~489系ホームライナー鴻巣3号 »

2010年3月10日 (水)

10年春の青春18きっぷの旅 第1弾(2) 大糸線キハ52乗車

10年春の青春18きっぷの旅 第1弾 その2です。

7:10着の普通列車で南小谷に到着。

なにっ、この人だかり

もう、ホームには糸魚川行きを待つ人で混雑。各乗降口のところには、長蛇の列ができていました。こりゃ、久留里線キハ30国鉄色復活の時のような満員列車になるのかととても不安になりました。
「2両編成です。到着は7:23になります。」と、警備員の声。
それまでにトイレを済ませ、到着を反対ホームで待ちます。

入ってきました。ゆっくりと入線してきて、定位置に停車。朱色で統一したのか、この2両でやってきました。朱色のツートンと青のツートンの編成を期待していたのですが・・・
1003060201

待っていた乗客が全て乗り込みましたが、外から見る限り隙間があります。座席はうまっていますが、ぎゅう詰めではないですね。ここでは、さすがにそれはなさそう。いや、2両だったからそれで済んでいたのでしょう。これが1両だったら、久留里線の時と同じ状況になっていましたね。

糸魚川側から。
1003060202

こういう並びも今週金曜日で終わりです。
1003060203

跨線橋から。発車時間まで撮影に励む人達がぱらぱらいます。
この後、私も乗り込みました。
1003060204

こんな位置を確保することができました。最後尾の運転台のところ。私にとっては好きな位置。どうせ先頭はてんこ盛りで、ゆっくり車窓を楽しめないでしょうから。
1003060205

みんな守りましょうね。
1003060206

南小谷の駅を定刻に発車。雨の降る中、沿線でも撮影者が頑張ってましたね。
1003060207

昨年春は糸魚川から乗車。上り勾配が多く、喘いで喘いで南小谷を目指していたがとても印象に残っていました。今回は逆に下り勾配が中心。予想外に軽快に走るキハ52。北小谷-平岩間のトンネル内では、時速80kmも出していました。

途中、根知で青のツートンのキハ52と交換。写真を撮ったのですが、窓は水滴だらけでまともに写りませんでした。

糸魚川に到着。
レンガ車庫も使命を終えたのか。線路が取っ払われているようです。
1003060208

もうこの中に車両が入ることはない・・・
1003060209

ここで、私の大糸線キハ52の旅は終わり。
感傷に浸る間もなく、次の目的地に向かいます。

(続く)

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

|

« 10年春の青春18きっぷの旅 第1弾(1) ムーンライト信州81号 | トップページ | 10年3月11日の鉄(活)動日誌~489系ホームライナー鴻巣3号 »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

画像からして寒そうな感じがしますね。私は昨年夏に乗ったキハ52が最後となりました。

投稿: ケンミン | 2010年3月10日 (水) 22:25

>ケンミンさん
車内は暖かかったです。熱気で結露が凄かったです。外は確かに寒かったです。

投稿: テームズ | 2010年3月10日 (水) 23:39

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/47767509

この記事へのトラックバック一覧です: 10年春の青春18きっぷの旅 第1弾(2) 大糸線キハ52乗車:

« 10年春の青春18きっぷの旅 第1弾(1) ムーンライト信州81号 | トップページ | 10年3月11日の鉄(活)動日誌~489系ホームライナー鴻巣3号 »