« ネモフィラの風 | トップページ | 10年春のツーデーパスの旅 1日目(6) いすみ鉄道ともお別れ »

2010年5月 5日 (水)

10年5月4日の鉄(活)動日誌~華と花 ひたちなか海浜鉄道

10日程前も来たのに、再び訪れました。
この日は、家族と一緒に国営ひたち海浜公園の入場券と1日フリー乗車券がセットのクーポンを使いましたhappy01
10050401

那珂湊までは、自家用車で。パークアンドライド用の駐車場があることが前回訪れた時にわかったので、今回はそれを利用することに。この方法、正解でした。この時期ネモフィラがきれいなひたち海浜公園。公園の駐車場は勿論のこと、高速道路出口も大渋滞。ひたちなかインターで降りて、スイスイと那珂湊まで。阿字ヶ浦からのシャトルバスも、これがあれば無料で乗れるので、十分元が取れます。

改札を抜けて、まず捜したのはおさむ君cat
ハンモックで気持ち良さそうにお昼寝してました。
駅の方が、「ほら、おさむ、お客さんだよ」とハンモックから降ろしてくれましたが、
10050402

のろのろと歩いていったかと思うと、鉄板のところでドテーン。
お昼寝の続きです。
10050403

下りホームで何が始まろうとしているのか、我感せずです。
10050404

この日は、汽車旅メイドトレインの運行日。たまたま、乗車する列車から乗り込むことになっていました。(別に狙っていったわけではありません)
10050405

車内では、お弁当・お茶の販売も。このワゴン、JR東日本から拝借したものかと思っていたのですが、実はJR西日本のものだということをおさむ君を起こしてくれた駅の方からお聞きしました。
10050406_2

阿字ヶ浦からはシャトルバスで。10分もかからず到着。
バスも積み残しが出る程、この日は来園者が多かったようです。ほとんどの人が、フリー切符利用者のようでしたね。
10050407

そして、園内のシーサイドトレインでみはらしの丘へ。丘が緑というのはわかるのですが、青い斜面には新鮮さを感じました。
10050408_2

丘の頂上からの眺め。
10050409a 10050409b

菜の花もまだまだ咲いてました。
10050409c

小1時間いたでしょうか。再びシーサイドトレインで・・・戻れませんでした。
来る列車来る列車満員で、10人降りれは多いほうで、4人ぐらいしか降りないのがザラ。手前の乗降場から乗ってこの先まで行く人ばかりで、ここからはほとんど乗れません。1時間程待ったけど、一向に列が進まないので、諦めて南口まで歩きました。
10050410

行きも4本待ってやっと乗れた状態。
A→Cへ移動する人が多いので、B→Dへ移動したくてもBでは乗れないという状況が続きます。一方通行なので、反対側に戻るのも同じ方向にいかなければなりません。1日周遊券(しかない)なので、帰りも乗りたかったのだが乗れない。
トップシーズンで混雑はわかりますが、臨時にみはらしの丘始発を出すとか、逆方向への列車も走らせるとか、運用を再考して欲しい。あまりにも利用者のことを考えてない。

歩いて南口まで。15分程でシャトルバスの時間。タイミング良かったです。(ここでも???なことがあったのですが)

阿字ヶ浦からは、3710形で。
10050411

帰りは座れなかったので、前面展望を。息子(一番左)は大喜びでした。
10050412

14:53、那珂湊到着。メイドトレインもこの時間で終わりのようでした。
10050413

お土産は、干しいも。駅から近い大丸屋さんで購入。イモや恐竜のモニュメントが特徴です。干しいもも、いもの種類や方法でいくつもあるのですね。3種類だったかな、買いました。また、干しいものジェラードも美味しかったです。
10050414a 10050414b

更に先にちょっと歩くと、きくち湊店があります。4月25日から発売の、家族にも好評だった干しいもパイを販売しています。今回は10個入りを買って帰りました。

もう夕方ですが、今日の第2の目的地、阿見町のあみプレミアムアウトレットへ。
近くには、巨大な牛久大仏が。先にこちらに回ってみたのですが、17時を過ぎていたので、入ることはできず。近くの道路から撮影しました。
何mあるのだろうと帰って調べたら、頭のてっぺんまで120m(像高100m、台座20m)あるというからビックリしました。
10050415

アウトレットでブラブラして帰りました。
今回参考にしたのが、みなとまちなか漫遊MAP。これで、駐車場の場所とか、お土産やの場所とかを確認しました。そして、ひたちなか海浜鉄道の乗車証明書は、指定店での割引サービスがあります。大丸屋さんのジェラードは、これで割引してもらいました。
10050416

いやー、歩き疲れ、渋滞疲れしました。
でも、ネモフィラの青い丘は見てて気持ち良かったです。
秋は、コキアの紅葉で真っ赤に染まるとのこと。また来ます。

↓ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

|

« ネモフィラの風 | トップページ | 10年春のツーデーパスの旅 1日目(6) いすみ鉄道ともお別れ »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

鉄道イベント」カテゴリの記事

コメント

はい、ご乗車ありがとうございました。
疑問点はどんどんと。改善いたします。
(吉田)

投稿: ひたちなか海浜鉄道 | 2010年5月 6日 (木) 11:04

シーサイドトレイン、人気だったのですね。
南口からネモフィラを見に行く場合、ほとんど走りまくっても20分かかりましたから、絶対お勧めなのですが、そんなに混んでしまうとレンタサイクルの方がいいかも。(これも借りるのさえ大変そうですが)

干し芋ジェラート、干し芋タルト、無事味わっていただけたようでよかったです。牛久大仏、道路から頭しか見たことなかったのですが、立ち姿なのですね~

コキアの季節、またお待ちしています!

投稿: | 2010年5月 6日 (木) 16:37

金上駅の交換施設が早く完成して、列車本数が増え等間隔ダイヤになると、観光客にとっても、地元の方にとっても便利になりますね。私は、不揃いのダイヤが好きなのですが。
ひたちなか海浜鉄道が、どんどん成長しているような気がします。

投稿: テームズ | 2010年5月 6日 (木) 23:27

>舞さん
園内広いですから、移動用手段としてのシーサイドトレインは便利ですし、利用者も多かったです。
レンタサイクルも考えたのですが、3時間待ちとのことだったので、断念しました。
教えて頂いた干しいもジェラート、とても美味しかったです。
また、コキアのシーズンに訪れたいと思います。

投稿: テームズ | 2010年5月 6日 (木) 23:32

テムさん、会社から登場~☆

いつもほっこりページですね。

おなかいっぱいのりーりでした。

投稿: りーり | 2010年5月 7日 (金) 12:39

>りーりさん
お昼休みに、ご来訪ありがとうございます。
これからもこんな感じでアップしていきます。
また、いらして下さい。

投稿: テームズ | 2010年5月 8日 (土) 09:00

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/48274496

この記事へのトラックバック一覧です: 10年5月4日の鉄(活)動日誌~華と花 ひたちなか海浜鉄道:

« ネモフィラの風 | トップページ | 10年春のツーデーパスの旅 1日目(6) いすみ鉄道ともお別れ »