« 10年5月9日の鉄(活)動日誌~鉄道博物館にて | トップページ | 彩果の宝石 鉄道博物館バージョン2 »

2010年5月 9日 (日)

鉄道博物館 運転士体験教室 初級編

2010年4月24日から2階コレクションギャラリーとライブラリーの間の部屋で始まった運転士体験教室。
今日受講してきました。

まずは、受付。入口に受付台があり、受講したい時間の紙の座席番号のところに名前を書きます。開始15分前に集合です。
100509untenshi01

1日5回(内10:30の回は団体用)、所要時間は約40分。1回500円(Suicaでの支払い可)
現在は全部初級ですが、6月から中級、7月から上級に変わる回があります。
詳細は、鉄道博物館のプレスリリースをご参照下さい。

では、体験の様子をかいつまんで。

開場されると、受付で料金を支払い、渡された綿手を持って指定した席へ。
100509untenshi02

時間になると、画面が切り替わり、インタープリタの方の説明に従い操作をしていきます。
100509untenshi03

運転台のモデルとなったのはE233系。画面には東海道線のE233系3000番台が映し出されます。
100509untenshi04

でも、運転路線は高崎線大宮-籠原間です。
100509untenshi05

順に操作しながら、機器の操作説明が行われます。
100509untenshi06 100509untenshi06b

蛇行は知っていても、惰行なんて言葉も普通の人は知らないでしょうね。
100509untenshi06c

一通りの操作説明が終わると、まずはブレーキ操作。上尾方面から来て北上尾駅に停車するところを操作します。
初めての操作で、21.3mオーバーランしてしまいましたcoldsweats01
100509untenshi07

最後に、1駅間発車から停車まで操作します。初級は勾配や速度制限がない区間が選ばれているようです。
100509untenshi08

「皆さん、ちゃんと停車できましたか。では、乗客の方はどうだったでしょう。」とインタープリタの方のアナウンス。
私と妻は安全に停車できたようです。
100509untenshi09

で、息子の方はというと、停まるのを忘れたというか、そのまま進もうとしたのか、慌てて急ブレーキをかけたみたい。100mもオーバーラン。
100509untenshi10

そして、乗客もこんな状態wobbly
100509untenshi11

インタープリタの方の説明をちゃんと聞いて操作すれば、安全にちゃんと停まれます。

列車の運転もより簡単になってきてます。その分、面白味というか、職人的なものが無くなっているようですが。安全・確実・快適・経済運転です。
100509untenshi12

最後の息子の失敗画面で大笑いして終了。
100509untenshi13

中級・上級もチャレンジしてみたいです。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 10年5月9日の鉄(活)動日誌~鉄道博物館にて | トップページ | 彩果の宝石 鉄道博物館バージョン2 »

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/48316638

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館 運転士体験教室 初級編:

« 10年5月9日の鉄(活)動日誌~鉄道博物館にて | トップページ | 彩果の宝石 鉄道博物館バージョン2 »