« 10年8月1日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 浜松町の小便小僧~2010年8月 »

2010年8月 2日 (月)

鉄道博物館 運転士体験教室 上級編

2010年4月24日から2階コレクションギャラリーとライブラリーの間の部屋で始まった運転士体験教室。7月からは、16:30の回が上級編に替わりました。
10080106

今まで初級編中級編と無難にこなしてきて、8月1日に上級編に挑戦しました。無謀にも親子3人でcoldsweats01
10080105

今までは、運転操作と信号・標識を見ながら、速度を守り、停止位置に止まれれば良かったですが、上級編では、正確な時間・乗り心地の良さ・経済運転を考慮した運転操作になります。
100801teppakuuntenshi02

そこで、登場するのが運転曲線。この通り加速・惰行・減速をすれば、快適に経済的に時間通りに到達できますが、
100801teppakuuntenshi03

最初に実際に運転してみると、このような結果になってしまいました。ピンク色が私の結果です。
100801teppakuuntenshi04

次に、運転曲線を画面に表示させての練習。
100801teppakuuntenshi05a 100801teppakuuntenshi05b

一番難しかったのが、ブレーキング。一段制動三段弛めが基本操作。
まずB6まで一気にブレーキをかけて、B6→B4→B2→B1と弛めていくわけですが、これがなかなかできませんでした。

最後に総仕上げの終了試験。大宮-上尾間を運転します。ここはこうで、ここはこうでと説明があってから実際に操作となるわけですが、宮原-上尾間は運転曲線がヒミツになっているため、頭の中で想定しなければなりません。
100801teppakuuntenshi06

試験終了。実際にこれから試される方のために運転曲線はひみつにしておきます。
100801teppakuuntenshi07

終了試験の結果が表示されました。結果は600満点中380点。やっぱり一段制動三段弛めがダメでした。
8月末までは、560点で合格。優良修了証がもらえるのですが、この日受けた25人の中からは合格者が出ませんでした。今まで数人しか合格していないようです。9月からは600点取らないと合格にならないそうです。
100801teppakuuntenshi08

運転士さん、簡単そうに運転しているように見えるのですが、結構難しいことがわかりました。

100801teppakuuntenshi09

リベンジして優良修了証をもらうぞ!rock

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 10年8月1日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 浜松町の小便小僧~2010年8月 »

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/49040015

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄道博物館 運転士体験教室 上級編:

« 10年8月1日の鉄(活)動日誌 | トップページ | 浜松町の小便小僧~2010年8月 »