« 近鉄鈴鹿市駅俯瞰 | トップページ | リゾートやまどり展示会のお知らせ »

2011年5月29日 (日)

この一週間の出来事

先週一週間、正確に言うと5/20(金)の夜から実家に行ってました。5/23(月)からは家族全員です。

5/26からは娘の修学旅行。途中合流のため、名古屋から新幹線で京都駅に送っていきました。
訪れる度に驚かされる京都駅ビル。集合時間の30分前に着いて、娘に京都駅の案内とお土産を一緒に見て回りました。
11052601a 11052601b_2

待ち合わせ時間になってもなかなか同級生の姿が現れず、娘はとても不安がってちょろちょろ動き回って落ち着かない様子。そんな娘の姿を見るのは初めて。
しばらくすると、同じ学校の生徒が階段から降りてきました。そして、娘のニックネームを呼ぶ声。ピューッと駆けて行き、友達と抱き合ってました。「おーい、先生は?」私の呼ぶ声など届かないようです。今まであんなに落ち着かなかったのに、そして、私の存在は・・・
仲良しの友達がたくさんいることの安心感と、親離れしていく寂しさと、私の気持ちは複雑でした。
先生にもご挨拶して、バスを見送り、帰りは近鉄で戻ることに。

前日までの疲れが溜まっていたのか、伊勢中川で乗り換えなければならないところ寝過ごしてしまい、気付いたら松阪を出たところ。折角なので、宇治山田まで足を延ばしました。
11052602

実家に住んでいた頃は、伊勢神宮参拝の時に良く利用しました。
11052603a_5 11052603b_2

翌5/27は、諸手続きのため鈴鹿市役所へ。15階建てのビルになってから初めて訪れました。
手続きを終えて15階の展望室へ。山から鈴鹿の街を眺めたことはありますが、中心部で眺めるのは初めて。やっぱり、田んぼが多いなという印象を受けました。
おっと、近鉄鈴鹿線と伊勢鉄道が俯瞰できるではないですか。
11052604

近鉄鈴鹿線は単線なので、鈴鹿市駅で上下の行き違いを行います。
幼い頃は平田町に住んでいたので、頻繁に利用してました。
小学生だった頃のある日、駅で切符を買う時間がなく、急いで乗車。車内で切符を買うことに。車掌さんに「神戸(かんべ)までお願いします」と言ったら、「神戸っていう駅はないぞぉ!」とニヤッと笑いながら言われました。慌てて「あっ神戸やないや、鈴鹿市まで!」と言い直したことがありました。鈴鹿市駅付近は神戸という町名なので、地元の人はそちらの方が言い慣れてます。
11052605b 11052605c

最後に伊勢鉄道経由の快速みえを。ちょうど上下の快速みえがすれ違ったのですが、タイミングよく撮れませんでした。また、天気も悪かったし、残念ながらきれいには撮れませんでした。またの機会に狙いたいです。
11052606

clovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclovercloverclover
この一週間実家に帰っていたのは、昨年6月に手術、それ以来入院していた父の体調が思わしくなかったから。5/14・15も思わしくないということで、私だけ実家に帰ってました。その時は、何とか回復しました。

5/20再び熱が上がってきて思わしくないとの連絡を受け、仕事を終えて直接病院へ向かうべく新幹線に乗車。22時半頃到着。まだ、熱か上がり切っていないのか、父は縮こまって寒さに震えていました。解熱剤・抗生剤の点滴の効果があって、翌5/21には目やうなずきで反応できるまで回復。見舞いに来られた父の兄妹とも握手してました。これなら、今週も大丈夫かと思い、翌日には自宅に戻るつもりでいました。

その夜、私は病院泊まり。遅くなって再び熱が上がってきましたが、血圧が上がらないため解熱剤を投与できず。ただ、しきりに体を動かしていたので、大丈夫そうに見えました。簡易ベットで朝5時頃まで仮眠をとって起きると、じっと息をして天井を向いている父の姿が。あれだけしきりに体を動かしていたのに、目も動いていたのに、今はじっとしたまま。呼吸が苦しそう。
何度が看護師さんを呼んで痰を取ってもらって息苦しさを解消しようとしたのですが、一向に回復する様子がない。7時に検診に来た時に、家族の方を呼んでくださいと言われ、妹に電話。兄妹3人揃って心配そうに様子を伺っていました。
8時半の朝のケア時に急激に息が弱くなり、9時15分息を引き取りました。兄妹3人揃って看取ってあげられたのがせめてもの救いか。3人揃うのを待っていたかのようでした。最後は、長い苦しい闘病生活から開放されたからか、安らかな顔をしていました。

11時には病院から斎場へ搬送され、葬儀の打ち合わせ。私はその日の夕方一旦新幹線で自宅へ戻り、家族を車に乗せてとんぼ返り、5/23早朝再び実家に戻りました。
葬儀を済ませ、書類の整理・諸手続きの段取りを済ませて、昨日自宅に戻ってきました。

11ヶ月の闘病生活。治って自宅に戻ってくることを願っていたのですが、願い叶わず他界してしまいました。もう苦しむことはないよ。天国でゆっくりして下さい。天国から私達を見守って下さい。

↓ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

|

« 近鉄鈴鹿市駅俯瞰 | トップページ | リゾートやまどり展示会のお知らせ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

この度は誠にご愁傷様でした。心よりお悔やみ申し上げます。
更新が不定期だったりご実家に行かれたり娘さんを京都に送ったりと、ちょっと不思議な感じでしたが、そういうご事情だったのですね。
私も父を1年半前に亡くしました。何度も実家と行き来して、最期も2時間弱ですけど看取ることができました。
しばらくは落ち着かないかと思います。またお疲れもたまっていることと思いますので、体調には十分にお気を付けください。

投稿: だんな | 2011年5月29日 (日) 23:46

この度はご愁傷様でした。
心よりお悔やみ申し上げます。
お久しぶりです。
鉄道の小箱、退会以降もずっと見てます。
大変だとは思いますが、
これからも楽しい話題を書き続けてください。

投稿: ミサキ | 2011年5月30日 (月) 07:33

家族の方に何かあるのかな?という気はしていましたが、やはりそうだったんですね。この度は本当に大変でしたね。ご冥福お祈りします。すぐに気持ちを切り替えるのは大変だと思いますが、
頑張ってください。

投稿: 5時に夢中フリーク | 2011年5月30日 (月) 12:51

ご実家に帰っていたのですね。ご冥福をお祈りいたします。梅雨の時期なのでお体にはお気をつけ下さい。これからもブログを拝見させて頂きます!

投稿: ケンミン | 2011年5月30日 (月) 22:30

>だんなさん
お気遣いありがとうございます。体調の方は、徐々に立て直していきます。
息を引き取る時に立ち会えたのは最期の親孝行かと思いましたし、幸せ者だと思いました。

投稿: テームズ | 2011年5月30日 (月) 22:36

>ミサキさん
ご無沙汰しております。お元気でしたでしょうか。
あの後もご覧頂いていているとは思いませんでした。ありがとうございます。
また、お気遣いありがとうございます。
まだまだやることが残っているので、徐々に元に戻していきたいと思います。

投稿: テームズ | 2011年5月30日 (月) 22:40

>5時に夢中フリークさん
お気遣いありがとうございます。
徐々に元に戻していきたいと思います。
ごれからもよろしくお願いします。

投稿: テームズ | 2011年5月30日 (月) 22:42

>ケンミンさん
お気遣いありがとうございます。
群馬DCが始まる頃には、復帰したいと思います。

投稿: テームズ | 2011年5月30日 (月) 22:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/51796902

この記事へのトラックバック一覧です: この一週間の出来事:

« 近鉄鈴鹿市駅俯瞰 | トップページ | リゾートやまどり展示会のお知らせ »