« 三岐&近鉄ナローゲージ+αの旅(6) | トップページ | 鉄道博物館 時間旅行展の硬券 »

2012年2月 4日 (土)

三岐&近鉄ナローゲージ+αの旅(7)

東藤原駅。セメント運搬用のタンク車が構内にいっぱい停まっています。
120102mie61

東藤原を出ると、セメント工場への側線があり、タンク車が工場内に突っ込んで停まっていました。
120102mie62

工場を突き抜けるように線路が延びており、この様にタンク車が顔を出します。順番にタンク車にセメントを詰めていくのでしょうね。
120102mie63

終点西藤原到着。駅舎はSLの形に、トイレは客車の形をしている駅です。
雲行きが怪しいと思っていたら、雨が降ってきました。
120102mie64

ここにはウィステリア鉄道があり、この公園でミニSLを走らせたり車両を展示しています。

ウィステリア鉄道は、三岐鉄道開業70周年を記念し、三岐鉄道が開業した時につくられた蒸気機関車の展示とその模型を走らせることを目的につくられました。
三岐鉄道三岐線の終着駅である西藤原駅で、毎週日曜日に駅前公園でミニSLやミニ新幹線を運行(10:00~15:00)したり、三岐鉄道開業時に活躍 していたSL102号機と三岐通運ゆかりのディーゼル機関車、中部国際空港土砂輸送で活躍した機関車を保存展示しています。
      ウィステリア鉄道はこれらの運営・維持管理を担うボランティア組織で、この事業に協力していただいた員弁郡藤原町(現在はいなべ市に合併)の町花であった藤の花(英語でWisteria)にちなんで名づけられました。

ウィステリア鉄道公式サイトより

120102mie65

SL、ディーゼル、電気の各機関車が西藤原駅の1線を利用して展示されています。
120102mie67

中部国際空港埋立土砂輸送で活躍した「いぶき502」。大井川鉄道から助っ人として2両が2年半の間走ってました。「いぶき501」は大井川鉄道に里帰りしましたが、この「いぶき502号機」はここに展示されています。
120102mie66

雨も降っているので、さっさと撮影して乗ってきた列車で折り返しました。

(つづく)

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

|

« 三岐&近鉄ナローゲージ+αの旅(6) | トップページ | 鉄道博物館 時間旅行展の硬券 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/53855127

この記事へのトラックバック一覧です: 三岐&近鉄ナローゲージ+αの旅(7):

« 三岐&近鉄ナローゲージ+αの旅(6) | トップページ | 鉄道博物館 時間旅行展の硬券 »