« イルミネーション2012(3) 赤羽橋 | トップページ | 鉄道博物館来館記念カード No.8ハイフン付き »

2012年12月15日 (土)

12年12月15日の鉄(活)動日誌~ヨーク・国立鉄道博物館展

鉄道博物館のC57にこんなヘッドマークが取り付けられていました。
-SISTER MUSEUM PARTNERSHIP-
2012年12月19日に、さいたま市の鉄道博物館と、世界最大級の鉄道博物館であるイギリスのヨークにある国立鉄道博物館と姉妹提携することになった記念のヘッドマークです。
121215teppaku01

そして、2Fミュージアムショップ脇のスペースでは、ヨーク・国立鉄道博物館展が12月12日から来年1月14日まで行われています。
121215teppaku02

パネルを使っての解説。
121215teppaku03

まずは、ヨークというところがどういうところにあるかを知りましょう。
121215teppaku04

そして、順番にパネルの解説を読んでいきましょう。その中の1枚、世界最高速の蒸気機関車マラード号と、唯一の外国製車両の展示物0系新幹線の解説パネル。蒸気機関車で時速202.7Kmを出すとは恐れ入りました。
121215teppaku05

展示物としては、ミュージアムショップで販売されているグッズが並べられています。左側に1/3程写っている切符タイプの枕が欲しい。
121215teppaku06

3種類のスタンプも設置されています。これらが、どんな車両なのかは展示パネルに書かれています。
121215teppaku07_2

冬休みを利用して訪れてみるのもいいのではないでしょうか。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« イルミネーション2012(3) 赤羽橋 | トップページ | 鉄道博物館来館記念カード No.8ハイフン付き »

スタンプ」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

海外の鉄道」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

テームズさん、こんにちは。タイトルを見て、テームズさんがイギリスへ行かれたのかと思ってしまいました。
私は2011年3月にアイルランド、スコットランド、ロンドンへ行く機会があり、スコットランドからロンドンまでは鉄道利用を考えていました。また時間があれば、ヨーク鉄道博物館にも入ろうと思っていました。しかしイギリスの鉄道は運賃が非常に高く、荷物も日本出発時より多くなってしまい、結局飛行機での移動となってしまいました。でもエディンバラでは、インターシティが駅に停車しているのを見かけました。
さいたまの鉄道博物館も、関西からは遠いですが、1泊2日でも行ける範囲なので、来年にはぜひ訪れたいと思っています。
あと日本からロンドンまでの飛行機についてですが、私は関空からフィンランド航空をヘルシンキで乗り継いで、ロンドン(ヒースロー)まで行きました。

投稿: 笑夢 | 2012年12月18日 (火) 08:55

>笑夢さん
こんばんは。まだまだ海外進出は、私には無理です。鉄道趣味の本番イギリスに行かれていることは、とても羨ましく思います。
鉄道博物館にも、是非お越し下さい。

投稿: テームズ | 2012年12月18日 (火) 23:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/56325921

この記事へのトラックバック一覧です: 12年12月15日の鉄(活)動日誌~ヨーク・国立鉄道博物館展:

« イルミネーション2012(3) 赤羽橋 | トップページ | 鉄道博物館来館記念カード No.8ハイフン付き »