« 久しぶりに東急世田谷線 | トップページ | 四国鉄道漫遊記 6日目(16) さようなら四国 »

2013年12月 2日 (月)

四国鉄道漫遊記 6日目(15) 高松の夕日とうどん

四国鉄道漫遊記 6日目、その15です。

高松行きのフェリーからの夕日。何もかもがオレンジ色に染まる夕日でした。

1308shikoku06151

 

高松港に戻ってきました。

1308shikoku06152

 

フェリーに乗っている間、甲板に出てずっと夕日を撮ってました。

1308shikoku06153

 

島巡りも終わり、高松駅へ。今度はトワイライト。空がブルー・ピンク・オレンジに。美しかったです。

1308shikoku06154

 

’カベシキガイシャ メギシコ’の店員さんに教えてもらったうどん屋に行くために、琴電にのります。下車駅は瓦町。

1308shikoku06155

 

瓦町で降りてから歩いてお店を探したのですが、これがなかなか見つからず。やっと見つけたと思ったら、看板の電気点いてないし・・・。
休み?
夜7時から営業とは言っていたけど、既に7時は過ぎてるし。でも、お店の中に人の気配はするし。
確認のため、店の前で電話しましたよ。そしたら、やってますって。だったら、看板に電気点けてよ。
北古馬場町にある手打うどん ごえもん。おろし肉ぶっかけうどんを注文。美味しく頂きました。肉も柔らかくて、麺もコシがあって、ホント美味しかったですよ。

1308shikoku06156_2

しかし、丸亀製麺の麺の食感に慣らされた私には、やっぱり物足りなさを感じてしまいました。いや、これが本場の讃岐うどんなのだろうか。結局、うどんに疑問を残して四国の旅も終わりです。

(つづく)

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道旅行へ
にほんブログ村

|

« 久しぶりに東急世田谷線 | トップページ | 四国鉄道漫遊記 6日目(16) さようなら四国 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/58551669

この記事へのトラックバック一覧です: 四国鉄道漫遊記 6日目(15) 高松の夕日とうどん:

« 久しぶりに東急世田谷線 | トップページ | 四国鉄道漫遊記 6日目(16) さようなら四国 »