« サマーナイトラン東京に参加しました | トップページ | 夢の超特急展(1) »

2014年7月29日 (火)

「幻の豪華客車」、来夏JR九州でよみがえる

今日の朝日新聞朝刊にこんな記事が掲載されてました。

「幻の客車 世紀超え復活へ」

JR九州にまたまた話題性のある車両が登場します。100年以上前に造られ、活躍しないまま姿を消した客車が、来夏JR九州でよみがえります。

14072901

原鉄道模型博物館元館長の原信太郎さんが作った模型を基に、JR九州が実物の観光列車として復活させるとのこと。

モデルとなるのは、九州鉄道が1906年に発注して造られた列車。完成後に九州鉄道が国有化されると、東京に運ばれ、ほとんど営業運転されなかった幻の客車で、鉄道ファンの間では「或る列車」とう通称で知られているそうです。(私は知らなかった)

水戸岡鋭治さんがデザインを手掛けるようです。

別府-日田間と佐世保-長崎間を1~2か月毎に交互に走らせる予定で、JR九州の他の観光列車より料金はやや高めに設定される模様。(ななつ星ほどではないけど)

JR九州、観光列車に力入れてるなあ。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« サマーナイトラン東京に参加しました | トップページ | 夢の超特急展(1) »

ニュース」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/60064621

この記事へのトラックバック一覧です: 「幻の豪華客車」、来夏JR九州でよみがえる:

« サマーナイトラン東京に参加しました | トップページ | 夢の超特急展(1) »