« 行先表示器故障につき | トップページ | 東海道新幹線開業50周年記念弁当 »

2014年11月24日 (月)

14年11月23日の鉄道博物館

11月22日から26日まで、東名高速線開業45周年記念として、JRバス展が行われてました。東京駅丸の内駅舎前で行われていたように、国鉄マークを付けた2台のバスが展示されてました。

141123teppaku01

 

国鉄コラボです。

141123teppaku02

 

マークに写り込んでいたのは、ランチトレインでした。ヘッドマークは、「かいじ」と「あずさ」になってました。

141123teppaku03

 

そして、第10回企画展「東京駅開業100周年記念 100年のプロローグ」も見学してきました。展示室内は撮影禁止なので、入口だけ撮影。
東京駅丸の内駅舎は、バルツァーの提案を基本に辰野金吾が設計したものだけど、バルツァーが提案したのが、丸屋根の洋風建築ではなく、日本家屋のような純和風建築であったことには驚きました。入口と出口を別々にしているところは、バルツァーの発案でした。

141123teppaku04_2

 

来館記念カードも、No.20に変わりました。北海道開拓に使われた「開拓史号客車コトク5010形式」です。

141123teppakucardno20

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 行先表示器故障につき | トップページ | 東海道新幹線開業50周年記念弁当 »

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/60706596

この記事へのトラックバック一覧です: 14年11月23日の鉄道博物館:

« 行先表示器故障につき | トップページ | 東海道新幹線開業50周年記念弁当 »