« 駅そばを食べに立川へ | トップページ | 上野東京ライン開業まであと1ヶ月 »

2015年2月 8日 (日)

やっと展示されることになったEF55

ずっと高崎車両センターに保管されていたEF55がいよいよ鉄道博物館に展示されることになりました。

鉄道博物館におけるEF55の展示について

1936年に流線型ボディで登場したEF55ですが、1964年に引退。1986年に復活、イベント列車で活躍しておりました。その前面形状から晩年はムーミンと呼ばれていました。

2009年1月18日の「さよならEF55横川」号の運転を最後に2度目の引退。さよなら運行は、新聞記事にもなりました。

朝日新聞「EF55サヨナラ運行」の記事

画像は、2009年1月11日の快速「EF55碓氷」号。高崎駅にて撮影。

090111takasaki07

こちらは、2008年12月6日に運転された快速「EL奥利根」号。大宮駅にて撮影。補機として、EF64 1001が連結されていました。

081206ef5503

1月16日には鉄道博物館で永久保存する方針をJR東日本が決めましたが、その後音沙汰なし。このままうやむやになるのかと心配していました。この先、増築する時に搬入されるのではないかと思われましたが、今年のゴールデンウィーク前に展示開始予定だそうです。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 駅そばを食べに立川へ | トップページ | 上野東京ライン開業まであと1ヶ月 »

博物館」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

高崎の角の方で、EF55 1がひっそりといたのでどうなるのかと思いましたが、ようやく決まりましたね。以前は、EF55牽引の快速群馬県民の日号(全席自由席)に乗ったのを思い出しました。

投稿: ケンミン | 2015年2月 9日 (月) 21:58

>ケンミンさん
やっとですね。もうそのままお蔵入りかと心配してました。

投稿: テームズ | 2015年2月14日 (土) 07:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/61105667

この記事へのトラックバック一覧です: やっと展示されることになったEF55:

« 駅そばを食べに立川へ | トップページ | 上野東京ライン開業まであと1ヶ月 »