« 銚子電鉄の旅2016(2) | トップページ | 東武鉄道「りょうもう」号 「普悠馬(ぷゆま)」デザイン車両 »

2016年6月18日 (土)

銚子電鉄の旅2016(3)

銚子電鉄の旅2016、その3です。

終点外川駅。この木造の駅舎は変わってません。

160611choshi31

ちょうどお昼時でしたので、まずはお昼にすることに。 

向かったのは、治ろうや鮨処。回らないお寿司屋です。

160611choshi32

ここの売りは、炙り金目の握り(手前2貫)と伊達巻(奥の扇状のもの)。炙り金目は、脂の甘味を塩が引き立てます。絶品です。伊達巻というとスカスカスポンジ状のものを想像しますが、ここのはプリンのような食感。甘くて美味しいです。画像は、大漁というメニューで、握り10貫と伊達巻です。ちなみに、お値段は3,300円。値段もいいけど、味もいい。

160611choshi33

お腹を満たして駅に戻りました。この出札口も変わらないな。ノスタルジーを感じます。

160611choshi34

さて、外川を出発。

160611choshi35

女性車掌さん乗務。区間切符やらお土産品やらたくさん持ってます。

160611choshi36

犬吠駅。今はここでは、ぬれ煎餅の手焼き実演やってないのね。

160611choshi37

弧廻手形を持っているので、ここでぬれ煎餅1枚サービス。

160611choshi38

手焼きを含め4種類の中から、緑の甘口味を選択。1枚売りには、旧車両がプリントされてます。

160611choshi38b

次の列車まで時間があったので、犬吠埼灯台へ。上までは99段の階段を登らなければならず、時間の関係で断念。

160611choshi39

入口には白いポスト。悪書追放のヤツじゃないですよ。

160611choshi40

駅に戻ったら、ちょうど外川行きが発車して行きました。あの折り返しに乗ります。

160611choshi41

(つづく)

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 銚子電鉄の旅2016(2) | トップページ | 東武鉄道「りょうもう」号 「普悠馬(ぷゆま)」デザイン車両 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/63796505

この記事へのトラックバック一覧です: 銚子電鉄の旅2016(3):

« 銚子電鉄の旅2016(2) | トップページ | 東武鉄道「りょうもう」号 「普悠馬(ぷゆま)」デザイン車両 »