« 続・切符の話 6回目 さよならDF50 | トップページ | 続・切符の話 8回目 近鉄の車内補充券 »

2017年8月27日 (日)

続・切符の話 7回目 国鉄の車内補充券

昭和50年代に使われていた車内補充券。地図式です。パンチでパチパチ穴が開いてます。一身田から亀山までの往復を車掌さんから購入したもの。なぜ手元に残っているかというと、津-一身田間は定期を持っていたから。亀山に写真でも撮りに行ったからかな。

17081509a

 

こちらは記入式。120円区間からの区間変更。921列車ということは、客車列車だったということですね。

17081509b_2

 

こちらは、料金表式。内容からすると、伊勢線用(現:伊勢鉄道)のですね。

17081509d_2

 

こちらは、大型の料金表式。信州に旅行に行った時に、記念のため切ってもらったものです。小海線用のものですね。

17081509c

列車の揺れに耐えながら、パチンパチンと車掌さんが車内補充券を作成しているのが懐かしいです。

↓鉄道ブログランキングはこちら(ランキング参加中)クリックお願いします<(_ _)>
にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 続・切符の話 6回目 さよならDF50 | トップページ | 続・切符の話 8回目 近鉄の車内補充券 »

切符・カード」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/167615/65717533

この記事へのトラックバック一覧です: 続・切符の話 7回目 国鉄の車内補充券:

« 続・切符の話 6回目 さよならDF50 | トップページ | 続・切符の話 8回目 近鉄の車内補充券 »