« 185系臨時特急 | トップページ | ザ・ヒロサワ・シティ「ユメノバ」(2) »

2024年6月16日 (日)

ザ・ヒロサワ・シティ「ユメノバ」(1) 

2024年2月11日にオープンしたザ・ヒロサワ・シティ ユメノバ に行ってきました。

240615yumenoba01

筑西市にゴルフ場や美術館などの施設があるザ・ヒロサワ・シティに新たに乗り物のテーマパーク「ユメノバ」がグランドオープン。今回、現役引退した車両が展示されているレールパークをメインに訪れることにしました。

 

240615yumenoba02b

ユメノバの入場口。予想外にこじんまりとしてます。

 

240615yumenoba02

入場チケット。大人1人2500円と、比較的高めの設定。えっ、そんなに取るの?と中を見るまでは思いました。

 

240615yumenoba03

チケットと一緒に渡されたパンフレット。こんなにたくさんの施設があるんだと驚きました。

 

240615yumenoba04

まずは、レールパークへ。出迎えてくれたのは、EF81の北斗星、D51、E2系。

 

240615yumenoba05

北斗星に使われていた客車4両を連結しています。

 

240615yumenoba06

EF81内にも入れます。中の機器類はすべて撤去され、ヘッドマークの展示スペースとなっていました。

 

240615yumenoba07

常磐線特急ひたちのヘッドマークも。この日は天気が良く気温が上昇、車内は蒸し風呂状態・・・にならないようにエアコンが設置されてました。

 

240615yumenoba08

では、客車を順に。まずは、オロハネ24 551。A・B個室寝台車。宿泊もできるそうです。

 

240615yumenoba09

2両目は食堂車スシ24 505。485系の食堂車を改造してできた車両。

 

240615yumenoba10

3両目はオハ25 503ロビーカー。エアコンも利いていて、パーク内を散策して疲れた時はここでくつろげます。
4両目はオハネフ25 12解放B寝台車です。

 

240615yumenoba12

展示SLはD51 1116。1976年引退後は千葉県の個人宅で保存されていましたが、2018年にザ・ヒロサワ・シティが無償譲渡を受けて今に至ってます。無償譲渡と言っても、運搬費は展示施設の敷設で相当お金がかかったそうです。

 

240615yumenoba13

E2系新幹線。先頭部1両がまるまる展示されています。

 

240615yumenoba14

車内もそのままでした。

 

240615yumenoba11

気動車が2両。関東鉄道で活躍したキハ101と102。元国鉄キハ30です。国電の気動車版。遥か昔通学に使ってました。外吊りのドアが印象に残ってます。冬場は隙間風で寒いんですよね。

 

240615yumenoba15

鹿島臨海鉄道で活躍したマリンライナーはまなす号。中は座席が撤去され、子供向け遊具やゲームが設置されてました。

 

240615yumenoba16

実車展示は以上です。

続いては資料館を紹介します。

(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 185系臨時特急 | トップページ | ザ・ヒロサワ・シティ「ユメノバ」(2) »

旅行・地域」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 185系臨時特急 | トップページ | ザ・ヒロサワ・シティ「ユメノバ」(2) »